ズクヨン・キムのブラームス第2番2012/12/06 23:32

Sukyeon Kim in Tonhalle (Foto:Mie Miki)

4楽章からなり50分近い長さのブラームス・ピアノ協奏曲第2番は、どのピアニストにとっても一つの大きな課題&目標らしい。 
ズクヨン・キムさんは23歳の韓国人。
5年前より夫のもとでピアノを学んでいますが、この大曲をオーケストラと共演するのは初めて。というわけで夫は連日練習とリハーサルに立ち会い、録音や録画をとって万全の準備をしていました。傍から見ていてもその熱心さには圧倒され、是非とも大成功を収めてほしいと私も願っていました。

そ・し・て、本番は?
はい、期待を上回るほどの大成功でした!

彼女の持つ豊かな音色と先鋭なテクニック、そして抜群のリズム感は、この難曲を熱く美しく歌い上げ、心の底へまで響かせてくれました。

ブラボー!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック