練習場所2011/09/01 06:12

練習室(写真:みえ)

演奏家にとって練習は必須ですが
自宅というのは案外不向きのようで
(猫、冷蔵庫、テレビ...?)
あえて「どこかへ行って練習する」
というケースは少なくないようです。

小説家が仕事場を別に設けて
そこへ通って小説を書く、
そんな感じです。

私の場合は、
自分の大学でも出来るのですが、
そうすると自分の生徒もいたりするので、
夫の大学の小さな部屋を借りてというのが
今のところ理想的であります。
練習以外することない、
というのがベストであります。

幸い現在は夏休みなので
そんな贅沢が許されて
4日間この部屋で
思う存分練習しました。

大学食堂2011/09/01 06:26


夫の大学には
このような素敵な大学食堂があります。
そしてここでは無線LANが使えます。
現在は人も少なく大変静かなので
メール仕事が非常にはかどりました。
カーター君というお邪魔虫もいないし(笑)。

窓をあけて2011/09/02 06:30

休憩タイム(写真:美江)
練習の合間の休憩、
これが以外と大切であります。

窓を開けて新鮮な空気を吸う
水分を補給しながら
ゆっくりと譜読みをする
ストレッチをする
ぼ〜っと外の風景を眺める
何も考えないひと時を持つ
そうすると自然とまた練習がしたくなる

この繰り返しが大好きです。

ちなみにこれが自宅だと、
「休憩」=「家事」or「猫遊び」

帰国準備2011/09/03 16:28

のび放題の木々(写真:みえ)

9月に入ってようやく夏らしくなりました。
白い太陽と青い空は
何にも代え難い
大自然からの贈り物です。
朝の光のなかで
気持ちも明るくなります。

こんな涼しい夏も稀でしたが
庭の木々は縦に横にのび放題
不思議なものです。
来週から我家ではこれらの伐採と
屋根&外階段の修理が始まります。

そして私はというと
明日のフィンエアーで帰国します。
5日から4週間ほど日本です。

楽しみです!

いよいよ出発2011/09/04 21:17

雨の空港(写真:みえ)

9月4日(日)12時10分
Finnair 740便はヘルシンキへむけて
大雨のデュッセルドルフを後にしました。

ところで昨夜は〜2011/09/04 21:22

上空はハレ(写真:みえ)
エフゲニと夫の3人で『ブイヤベース』という、魚介類が素晴らしいレストランで夕食をとりました。ここは信じ難いほど小さな店で内装も簡素、コックは一人、給仕も一人、初めて訪れる人はかなりの戸惑いを覚えるそうですが、デュッセルドルフで魚が食べたくなったら「ここが絶対に一番美味しい!」という確信を持っている私達です。

食事のあとは夫のレッスン室309号へ。
まずはここでビリアードをしたのですが、エフゲニが玉を打つとき、唇を噛んでものすごーい真剣顔をするので、それが可笑しくて大笑い。その後、グリークのピアノコンチェルトを2台のピアノで、ざ〜っと弾いて(エフゲニ:ピアノ・ソロ、美江:オケ・パート)、ここでもエフゲニの大袈裟なジェスチャーやドラマチクッシモの表現に、お腹が痛くなるほど笑い転げてしまいました。夫はメールチェックをしていましたが、指まで笑っちゃうと困惑顔。そんなこんなで時間はあっという間に経ち、深夜1時に帰宅して母に電話をしたら起きていて、「台風はきっともう大丈夫だから、元気で帰ってきてね。」と相変わらず明るい声でした。

乗り換え空港にて2011/09/05 21:31

ヘルシンキの出国検査場(写真:みえ)

ヘルシンキ空港は比較的小規模でわかりやすく、トランジットの通り道にマリメッコ、イッタラ他、素敵な北欧グッズのお店が立ち並ぶので、1時間45分の乗り換え時間で、母や友人にお土産を買おうと予定していたのですが、「出国検査が本日は非常に混んでいるので、直ちにパスコントロールへ進むように!」とのアナウンスが何度もあり、仕方なくそちらへ向かうと、ご覧のとおりの大混雑。尚、頭上は大声の中国語が飛び交い、ある中国人グループはロープを下からくぐって「直線割り込み作戦」なんぞやっている。これはいけませんねえ。

さて、蛇行行列に並ぶこと30分あまり、ようやく私の番になって喜んだのも束の間、2人のハンサム検査官が、我パスポートを何故か入念に調べるのです。ページをゆっく〜りめくりながら、押してあるスタンプや様々なヴィザを静かにチェックし始める。たまらなくなって「何か問題がありますか?」と聞くと「プロブレムはない」と。「だったら何してんのよ、こんなに混んでるんだから早くパスポート返して〜」と腹が立ったが、じっと我慢して何とか無事通過。そこからは早足で歩き、途中トイレに寄り、目的の38番ゲートにたどり着くと、すでに皆さん搭乗し始めているではありませんか。その間に電話が2件、携帯メールも2通入ったので、マリメッコどころではなく、喉ばかりが渇くヘルシンキ空港でした。やれやれ!

そして5日午前9時、無事成田空港に着きました。

土曜日は『スペース・フー』2011/09/08 10:35

スペース・フー

♪〜コンサートのお知らせです。
あさって土曜日 午後3時から
深谷のスペース・フーにおいて
ソロ演奏会をいたします。
日時・アクセス等はこちら→
http://hall-eggfarm.com/concert.html#185

尚、このコンサートは今年3月12日に予定されていたのですが、あの大地震でキャンセルとなり、ちょうど半年経って実現化しました。この六ヶ月間ほんとうにいろいろな事がありましたが、音楽は地震にも津波にも原発にも壊されない生きた芸術であることを、ここで再び体験できればと思います。

皆さまとの元気な再会を、何よりも楽しみにしております。

関連ブログ:
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/03/10/
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/03/12/

アコ仲間と2011/09/10 23:39

アコ仲間とスペースフーで(Foto:Kayo)

深谷スペース・フーのコンサート無事終了。
ここはいつ来ても明るく爽やかで
弾きながら窓から木々が見えるのは
実に気持ちのいいものです。

3月11日の大震災以来
日本では初めてのコンサートでしたが
アコ仲間達とも元気な再会ができて
お互い喜び、励まし合いました。

さて、このようなスタイルの写真は
イマイチ とかニガテ とか
以前は思うこともありましたが
この日は実に感慨深い気持ちで
このような写真が撮れることに
大きな幸せを感じるのでした。

あれから半年...2011/09/11 22:07

14階から(写真:みえ)

長いような、短いような、
でも記憶はまだまだ生々しく
今日で半年が経ちました。

夜7時頃グラッと揺れたので
思わずハッと立ち上がり
14階マンション玄関のドアを開けると
お隣さんもすぐに出てきました。

弱い震度の地震でしたが
体はすぐ「怖い」と反応するようです。

被災地の様子をテレビで見ると
復旧・復興はまだまだ遠い日のことのようで
ほんとうに悲しく胸が痛みます。

これから秋、そして東北は厳寒の冬、
被災地の日常生活が少しでも楽になり
絶望が希望となることを祈るばかりです。