これはなんだ?2011/07/07 22:33

車の傷跡(Foto:Mie)

先週土曜日のこと:

駅の駐車場にとめておいた車を取りにいったら、左サイドにこんな傷跡が・・そしてフロントガラスに一枚の紙切れがあり、そこには電話番号と名前が記されている。駐車するときに擦ったのでしょうが、まあなんと下手な運転手。女性名だったので「これはきっと初心者かババアだろう」と思ったら、案の定"初心者"。

幸いむこうさんの車が赤のゴルフだったので証拠はバッチリこのとおり。

尚、夫も私もこの日はすごく疲れていたので「面倒くさいからどうにでもなれ」と思いつつ、でもすぐ近くが警察だったのでそこに立寄ると、警官さんは実に親切で、すぐ先方に電話をし、車も点検してくれて「お、お、これは高くなる。書類をきちんと作らねば」と。それで仕方なく相手が来るのを長時間待って、しかしやがて現れたのは18歳の本人ではなくその母親。彼女は警官と私達夫婦相手に一人で喋りまくるのだが、謝罪の言葉は一度も出てこない。どれほど彼女は毎日忙しく、子育てに大変で、家のリフォームには莫大なお金がかかり、今日は偏頭痛で非常に体調が悪い ect... 

「娘のドジで多大なご迷惑をおかけし心からお詫びいたします。保険会社にはすぐ連絡をとりますので追ってご連絡いたします。どうか宜しくご理解のほどお願い申し上げます。」とまで言ってくれなくてもいいけれど、「ごめんなさい」の一言でこちらの気持ちは随分と楽になるのになあ。

というわけでやっと帰宅したとき、私達はもう口がきけないほどぐったり・・

そして本日この修理のための雑用イベントがスタートしましたが、あの母親はもう"ナイン・ダンケ"なので、弁護士を間に入れて電話&書類は全てお任せとし、車の修理は見積書が出てからにしたほうがいいと言われたので、しばらくはこのままでいきます。でも修理代は興味あるので分かり次第このブログでお知らせしまーす。

やったー!2011/07/09 23:57


すごい、すごい、日本がドイツに勝った!
う・れ・し・いーーー!

女子サッカーはドイツが圧倒的に強くて、まさか日本が勝てるとは思ってもいなかったので、本日の準々決勝も「可哀想だから見るのはよそう」なんて思いながら、でもテレビをつけたらすでに試合は始まっていた。でかいドイツ人に比べると日本人は小柄だが、スピード感あふれる機敏な動きは実に美しく、勝ち負け関係なくこの試合は見たいと思い、じっくりとテレビ観戦を始めた。ドイツはたしかに強いのだが、日本は足も頭も目もはやい!延長戦になった頃から自分はもう座って見ていられなくなって、心臓はドキドキするし、呼吸もおかしくなってきたので「ガンバレ、ガンバレ!」と大声で叫んでいたら、なんと日本がゴールを決めてしまった... そしてドイツに勝った! すごいすごい、この勝利は本当にすごい! 
いまは胸がいっぱいで眠れそうにない私です。

     
★ 毎日JPよりの引用文:
 【ベルリン支局】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は9日、準々決勝2試合があった。1次リーグB組2位の日本はウォルフスブルクで3連覇を狙うA組1位のドイツと対戦し、延長戦の末、1-0で競り勝ち、初の4強入りを果たした。日本は95年スウェーデン大会の8強が過去最高成績だった。

 日本は澤(INAC)ら、過去3戦と同じ11人が先発。高さとパワーで上回るドイツに対し、素早く体を寄せて前後半を無失点でしのいだ。日本は延長後半早々、澤からの縦パスを受けた丸山(千葉)が右サイドの角度のないところから落ち着いて決め先制。ドイツの分厚い反撃に耐え、リードを守りきった。

ついに決勝戦へ2011/07/14 08:11


すごい・・・
なでしこは今日も勝ちました!
どでかい金髪軍のスウェーデンを相手に
圧勝しました!

尚、前半がどうしても見れなかったのですが、携帯メールで智美2から情報をもらい、後半には何とか間に合って、デュッセルドルフ市内の "Café Relax" で沢山の日本人達と一緒に観戦しました。ところがドイツ人も10人くらい同席していて、みんな日本を応援しているのは嬉しかったです。テレビ解説も日本チームを絶賛していて、準々決勝で負けた相手なのに偉いなあと感心。

それから帰宅しメールを開いたら
「日本人素晴らしい!」
「なでしこには真のチームワークがある!」
「大柄金髪西洋人をこれで連続制覇、おめでとう!」
など等、お祝いメールがごっさり入っていました。
作曲家のニコラウス・フーバー氏からは「日本のナイフがなぜよく切れるのか今日よく分かった。日本人は信じられないほど正確だ!偉大な女子サッカー、偉大な日本チーム!優勝を祈っている!」という嬉しいメッセージをもらい、感動を新たにしたのでした。

修理代の中間報告2011/07/16 23:47


先日の車損傷に関する修理代ですが
現在の時点で鑑定+修理が3177,- €
(最近は円高なので約355714,-円)
ここに弁護士とレンタカーが加算されます。
ということは40万円は軽く超えるわけで
保険制度があるからいいけれど
ちょっとした不注意で駐車しそこなうのは
お高くつくということですね。

とりいそぎ中間報告まで〜。

ついに優勝・なでしこジャパン!2011/07/18 07:57


いまだ興奮からさめておりません。

アメリカは想像したよりはるかに強く、はやく、さらにエレガントで、「さすが世界一位・・」と溜息まじりで見始めたテレビ観戦。デュッセルドルフ日本人街のカフェは、今日はどこも満席でした。正直のところ、このチームには勝てないな、なんて不謹慎な思いもなくはなかったのですが、一点取られたら一点返し、また一点取られたら一点返す、その技術と精神はまさに驚異的。そしてPK戦で最初のキックを海堀選手が足でさばいた瞬間、私にも優勝が見えてきました。でもそこからはあっという間に勝負を決め、なでしこジャパンが強豪アメリカに勝ち、世界優勝を果たしたのでした。とにかくすごい試合でした。

それからカフェはものすごい騒ぎとなり、ドイツ人達も大喜び、私の携帯には次から次へと電話やらメールが入り、私もまわりの日本人達と大いにはしゃいで優勝の喜びをかみしめました。

しかし、ここまでくるのはどれほど大変なことだったでしょう。数多くの困難をのりこえ、そのなかで高度の技術を開発し、チームとしての絆を軸に、いつも前向きに、明るく爽やかにふるまってきたチーム「なでしこジャパン」!

ほんとうに、ほんとうに素晴らしい決勝戦でした!

今年の卒業生2011/07/27 17:42

Eva,T2,Marko,Mie,Slavi
今学期の卒業生は二人:
エヴァ・マリア・ミッター(オーストリア)
スラヴィ・グリゴロフ(ブルガリア)

7月4日と11日に本科の試験があり、
2人とも大変良い成績で無事卒業しました。
おめでとう!

エヴァは故郷オーストリアからの応援団に見守られ、
スラヴィは友人達の弦楽四重奏に支えられ、
さらに我がクラスメートの細かい援助を受け、
あたたかい雰囲気のなか
”試験”を感じさせない、
素敵なコンサートを聴かせてくれました。

試験の後はエヴァ宅の裏庭でパーティー。
オーストリアからは自家製のお酒各種、
4種類サラダ、パン、ミートボール、ケーキ、
スラヴィが持参したお肉のバーベキュー、
それは20人近い参加者で深夜まで賑やかに。

ところで同級生というのは
どうしてもライバルになりますが、
今回の卒業生2人はあまりにも性格が違うためか、
最後まで仲良くお互いに励ましあい、
この打ち上げ会も一緒に企画して行われ、
それが自分は何よりも嬉しく胸が熱くなりました。

関連記事:
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2011/02/03/
http://tomomi0210.blog39.fc2.com/blog-entry-37.html

写真:右端スラヴィ、左端エヴァ