ミニミニ散歩2010/10/03 01:26

ゲオルクの散歩(Foto:Mie Miki)

まだいくつかケーブルがくっついているので
上半身はかなりゴチャゴチャしていますが
上着を羽織ってミニミニ散歩をしました。
この日は天気が良く
気温も20度と凌ぎやすかったので
15分ほど近くを歩きました。

一緒に付き添って歩く私は
「ブログ用の写真を撮ろう!」と
当初は張り切って出掛けたのですが
急に立ち止まったり、
咳が続く夫を横にしては
ハラハラ、ドキドキの連続。

帰りの坂道ではかなり苦しそうになってしまい、
もう気が気ではない・・
それでもなんとか無事病室に戻り
ベットに横になってくれた瞬間、
私もど~っと疲れが出て
ヘタヘタになっていました。

あぁ、回復の道はまだまだ長いようです。

リハビリの病院へ2010/10/05 01:17

病院への道(Foto:Mie Miki)


この日からリハビリの病院にかわりました。
デュッセルドルフから車で南東へ約2時間
深い森の中にある心臓病専門のリハビリ病院です。

11時半にチェックインをした後
すぐに検診があったのですが
脈が150以上、乱脈、高血圧と
よろしくない数字が揃ってしまって
まずは集中治療室へ入れられてしまいました。

私はオロオロするばかりで
我ながら情けなかったのですが
3時間くらい経って夫が寝始めたので
ようやく私もちょっと落ち着いてきました。

それで集中治療室をそろ~っと抜け出し
今日から3週間滞在する彼の部屋へ行って見ると
そこはとても広くてバルコニーもあり素敵です。
翌日にはクラヴィノーヴァもここへ来るので
「まあ、これなら安心・・」と少し嬉しくなりました。

尚、ここまで一緒に付いてきたのに
それまで何の役にもたっていなかった自分に
「さあ、頑張れ!」と気合をかけて
すでに部屋まで運び込まれていた荷物を
箪笥やバスルームに片付け始めました。

夜の8時ごろになったら乱脈も収まったので
私は近くに予約してあった
小さなホテルへむかいました。

ホテルのレストランは思ったより美味しくて
一日ほとんど何も食べていなかったので
チキンソテーと付け合せの手打ちラヴィオリを
ガツガツ・バクバク・夢中で食べてしまいました。
そしてビールを飲んだら睡魔が襲ってきて
小さな部屋の小さなベットですぐに寝入りましたが
田舎特有の小さな蚊がそこでは私を待っていたらしく
朝起きたら顔と手と8箇所も刺されていました。
あぁ、かゆ~~い。

翌朝はホテルから病院へ歩いてみましたが
朝靄のなかにも紅葉が美しく輝いていて
この静寂と澄んだ空気が
彼を元気にしてくれるようにと祈りました。

ご無沙汰いたしました・・2010/10/09 16:33

花(Foto:Mie Miki)

9月24日のコンサートからブログがお休みとなり
気がついたら2週間以上が経っていました。
「いったいどうしているんだろうか?」
とご心配してくださった方々、
誠に申し訳ございませんでした。

これには理由がありました。

実は、夫が9月23日に心臓の手術をしたのです。
それで亀有リリオホールのコンサートを終えて
すぐにデュッセルドルフに戻ったのです。

話はさかのぼりますので
ブログもその日にあわせて
これからお知らせいたします。

これからの更新は
カレンダーが行ったり来たりすると思いますが
よろしくお願いいたします。

放送のお知らせ2010/10/16 02:08

NHK:名曲アルバム
 
今日16日(土) 19:20 - 21:00
NHK-FM ”名曲リサイタル” が放送されます。

放送される頃には『枯葉』も合うでしょう、
なんてまだ暑かった9月に話していましたが
ほんとうにもう秋になってしまいましたね。

旅と地平線がテーマのプログラムで
『シェルブールの雨傘』
『さらば祖国よ』
『ミス・カーティング』
『チャオ・パリ』
『白い自転車』等も弾いています。
聴いていただけたらとても嬉しいです。
http://www.nhk.or.jp/meirisa/

関連ブログ:
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2010/09/08/

ハーフタイムが過ぎて2010/10/16 16:30

秋の風景(Foto:Mie Miki)

リハビリもハーフタイムが過ぎました。
血圧は相変わらず高めですが、心臓弁の手術のあとはよくあることらしく、義姉の夫で医者のアヒムも、「心臓弁を交換すると体が”中心”を探そうとするので血圧が上がることはよくあるよ。」と言ってくれて、ちょっと安心しました。 

全体的に見ると少しずつではありますが、回復しています。いろいろとご心配くださった皆さま、ほんとうにありがとうございました。

ショパン・コンクール2010年2010/10/17 17:21

本番前の手

予選が4月にワルシャワで行なわれ
10月3日から始まった本選も
いよいよ明日からファイナルに入ります。

数年前から夫の愛弟子で
すでにもう家族の一員ような
エフゲニ・ボジャノフ君は
見事ファイナルに進み
18日 20時50分(日本時間翌朝 3時50分)
ショパンのコンチェルトOp.11を弾きます。

http://konkurs.chopin.pl/en/edition/xvi/participants/5_Evgeni_Bozhanov

ここまでくると緊張度が”超高”になりますが
とにかく明るく静かな気持ちを保ちたいものです。

ちなみに聴衆の”投票リンク”があり
これがどれほど審査員のそれと一致するか
まったくわかりませんが
エフゲニ君はここでトップであります。
http://konkurs.chopin.pl/en/vote/list

写真:
沢山記載されているコンクール写真のなかで、エフゲニの雰囲気が一番伝わってくる写真を載せましょう。

無事退院!2010/10/25 20:41

鴨とのおしゃべり(Foto:Mie MIki)

3週間のリハビリがようやく終わって
25日(月)午前10時
夫は無事退院しました。

まずはデュッセルドルフに戻ってきて
日航ホテルの[弁慶]で昼食。
久しぶりの日本食は感動的、と。
尚、10キロも減量した夫は
正面から見ると10歳くらい若返ったみたいで
結構ハンサムです(笑)。

そのあと午後5時、かかりつけの医者へ。
ここでは退院の報告と薬手帳のチェック。

これで大学病院とリハビリと
合計6週間にわたる病院生活が
ようやく終了しました。

翌日から早速に大学へ行くそうですが
大好きな学生達とピアノとの時間が
一番のリハビリなのかもしれません。

このたびは多くの方々に
心からご心配いただきました。
ほんとうにありがとうございました!
これからは新しい「心臓弁」で
ますます元気になることでしょう。

写真:
リハビリ病院近くの池にて。
この左に立っているオス鴨は
話しかけると、
どでかいヤブレ声で
必ず答えてくれました。