イースター2010/04/03 19:44

イースターの野原(Foto:Mie Miki)

イースターとともに春の訪れを喜ぶヨーロッパ人ですが、こちらは毎日すごい強風で、そのなか冷たい雨が降るだけでも気が滅入るというのに、時折雨に混じって、霙(みぞれ)やら雹(ひょう)まで空から落ちてきます。 気温はなかなか二桁に上がれません。

でも木々を見上げると、確実に新芽が登場していて、ちょっとうれしくなります。 自分の体調はいまいちで、なかなか元気になれないのが実に遺憾ですが、来週になって大学が始まれば、気分が前向きとなり、だんだん良くなるかも。

みなさま楽しいイースターを!

イースター日曜日に2010/04/04 04:46

イースターのうさちゃん(Foto:Mie Miki)

数年前、米子でコンサートをした折、土産物屋でこの「白兎のお面」を買いました。以来、部屋の壁に飾ってあったのですが、ふと思いついて、カーター君にこのお面をかぶせてみたら、実に似合うではありませんか! 「イースター・サンデーにこんな馬鹿げたことしてはいけませんねぇ~」と言いながら夫と2人、大笑いしながら写真を数枚撮りました。 カーター君はいかにも面倒くさそうに、少々抵抗しながら、でもかまってもらうのは大好きなので逃げもしないで、写真撮影に付き合ってくれました。

イースター兎2010/04/04 05:02

イースター兎(Foto:Mie Miki)

写真撮影に付き合うのは楽しいけど、耳をひっぱるのはやめて欲しいニャ~~

手作りケーキ2010/04/05 05:05

イースターケーキ(Foto:Mie Miki

イースターは月曜日もお休みです。

尚、私が焼けるケーキは3種類しかないのですが、最も成功率が
高く、しかも簡単なのが 『Adventkuchen』(訳:待降節ケーキ)で、クリスマス・シーズンのものです。 胡桃やりんごが沢山入っていてシナモンの香りがするので、クリスマスにはぴったり。 ところが、このケーキ、我家では一年をとおして何度も登場します。 バースデーケーキ、母の日ケーキ、パーティー・ケーキ、そして今回はイースター・ケーキとして。

「そんなのずるいぞ!」と怒る人もいないので、ケーキのうえには下手な字で「Frohe Ostern!」(イースターおめでとう)とまで書かれています。

そして今回も誰も何も文句言いませんでしたけれど、そろそろ新しいレパートリーを開拓しないとまずいかなぁ。

気がついたら・・・2010/04/25 01:34

ラントグラーフの春(Foto:Mie Miki)
あっという間に3週間が経っていました。
みなさま、すっかり御無沙汰をいたしました。

実は4月7日に新学期が始まって
大学へ教えに出かけたのですが
そのときから体の調子はよくなく
その夜から高熱が出て
翌朝はかかりつけの医者が電話で強くすすめるので
デュッセルドルフの総合病院へ行きました。

とここまでは大したことはない
と思っていたのですが
なんと10日間も入院を強いられ
検査、検査、検査・・・・・
そのあいだ病状は悪化するのみ
高熱は薬を使わないと下がらず
ようやく抗生物質の薬が効いて
ある日から幸い楽になったのです。

19日に退院、
結局いままでに分かったことは肺炎。
自宅に戻って気分的には随分明るくなりましたが
この10日間の入院はかなりこたえました。

気がついたら季節は春爛漫。
今日は夫と近くを散歩をしましたが
森の新緑も野原の花々も美しく
「森は生きている」というタイトルを思い浮かべました。

皆様にはたいへん御心配をおかけして
本当に申し訳ありませんでした。
ブログをするからには
もっと頻繁に更新すべきですね。

どうかお許しください。

午後の風景2010/04/25 22:18

午後の風景(Foto:Mie Miki)

午後の光のなかで
馬も春を楽しんでいるように思えました。

森のなかで2010/04/25 23:22

森のなかで

森のなかはちょっと暗く、ちょっと涼しく、限りなく静かです。