穴猿到来!2010/02/06 23:17

穴猿&山猿(Foto:アネゴ猿)
穴猿こと大田智美ちゃんが
日本からやってきました。
宿泊は山猿こと富田珠里邸。

12日間滞在する理由は:
・アコーディオンの調律
・夫の企画する『室内楽の日々』の手伝い
・日本食の供給
・ウィーンのストパ家を訪れる
ここまでは私にもわかっていますが
他にも超多忙スケジュールを組んでいるようです。

5日夜デュッセルドルフに着いて
すぐに私たち行きつけのレストランLaurensへ。
そこで夫と偶然に会ったそうで
まあ、これほどタフな人も珍しい。

穴猿はコンピューターの達人でもあり
Dr.Computerとして数多くのPC患者を診てきました。
このブログを立ち上げてくれたのも穴猿。
そんな彼女が遂に独自のブログを始めました。
でもドイツに来ていることは書いていないから
更新できないほど忙しいのでしょう(笑)。

『宴会部長の戯言』
http://anazaru.blog100.fc2.com/

さて、
写真はかなり前に大学構内で撮ったものですが
手前の穴猿も、後ろの山猿も
外見はちっとも変わっていませんねぇ。

ちなみに山猿はすでに数年前から
とっても素敵なブログを続けています。

『こんなどいつ2』~ピアニスト・富田珠里~
http://shuri.blog.so-net.ne.jp/

田舎の駅2010/02/09 00:15

ユーバッハ パーレンベルク駅(Foto:Mie Miki)
我家から一番近い駅は
ドイツ側の「Ubach-Palenberg」駅
発音すると「ユーバッハ パーレンベルク」
一度ではなかなかキャッチできない。
名前はやたら長ったらしいのに
駅はこのとおり頗る殺風景。
プラットホームはあるようなないような。

初めて来る人のなかには
「本当にここで降りて大丈夫なのか・・」
と心配そうな顔で降りてきて
私の顔を見るとホッとする。

この駅でたった一人北風に吹かれながら
いつ来るか分からぬ遅延の列車を待っていると
まるでシベリアにでもいるような気分になるが
山崎豊子の『不毛地帯』を読み始めてから
すっかり反省の気持ちになってしまった。

ここはのどかで平和な
ただの田舎駅。

このとおり~2010/02/10 20:18

カーター君(Foto:Mie Miki)

カーター君は元気です!

でもこう寒いと本宅からなかなか出られないらしく
私が帰宅してもすぐに現れません。
それで私は外で鍵をガチャガチャ鳴らしたり
「チュチュチュ!」と彼を呼ぶ合図をするのです。

そうするとしばらしくして彼も脱走に成功し、
我家に飛んでくるのですが、
本宅に聞こえるのはまずいと思ってか、
玄関前ではなく(玄関と本宅は斜め向かい)
庭までまわってきてキッチンドアの前で
「ア~ン、ア~ン」と叫んでいます。
ここからだと本宅からは全く見えないため
本人は聞こえないと思っているらしい。

猫でもいろいろと考えることは多いらしく
そんなこんなの苦労をしながら
ようやく暖房の効いた絨毯敷きの部屋に入ると
「バンザーイ!」とばかりにバタンと倒れ
右に左にとゴロゴロ転がり喜びを体中で表現します。
その歓喜あふれた様子は実に可笑しく
お腹をなでなでするとますます喜んで
胴体ゴロゴロ、喉もゴロゴロ。

かわいいニャ~

いつまで続く・・2010/02/11 19:22

自宅の窓から


この厳寒と雪と氷・・・

2月に入ってから数日間は
それでも寒さがいくらか和らぎ
0度を超えると空気も柔らかく感じられ
ダウンコートの下など汗ばむほどでしたが
一昨日からまたまた気温が下がりました。

最近はほとんど電車移動なのですが
最後の9kmは車しか方法がなく
昨日など午後から降り始めた大雪のなか
道路はツルツル、視界は数メートル、
坂あり、カーブあり、内心ヒヤヒヤしながら
やっと帰宅できました。ホッ!

でも家に戻ってみると外の雪景色は美しく
夜中に寝室の窓を開けてみたら
しんしんと降る雪のなんと明るく静かなこと・・

クシャミと鼻水の土曜日2010/02/13 03:26

裏から見た我家(Foto:Mie Miki)
数日前にひいた風邪が昨日から治ったと思ったのに、今日は朝からクシャミと鼻水がとまらない。家のなかは暖房で空気が乾燥しきっているので、つまった鼻はどんどんつまって、だんだん息苦しくなってきた。昼過ぎちょっと庭に出てみると、気温は低いが雪で湿った空気が実に気持ちいい。そこで帽子・手袋・ダウンコート・マフラー・ブーツの完全武装で散歩に出かけてみると、不思議と鼻水が一度も出ない。クシャミも出ない。さらに5分もするとつまった鼻が次第にオープンし始め、どんより曇っていた頭もすっきりしてきた。 

でも20分ほど真っ白な平原を歩いて帰宅したら、家へ入るなりすぐまたクシャン・クシャン、鼻水ダラ~。というわけで、今夜は窓を開け、布団3枚くらいかけて寝ようかな。

明日日本へ2010/02/19 02:29

只今の冬風景(Foto:Mie Miki)

外気温がマイナス10度近くにまで下がる厳寒の日々でしたが、2日前より急にプラスの気温となり、雪が一気に解けてゆきました。 
長引いていた風邪もようやく峠を越えたようで、ホッ!

しばらくお見かけしなかったカーター君も気温の変化には敏感らしく、昨夜遅くなってから我家にやってきました。 ちっとも減量していなかったから、厳寒の日々はきっと本宅で「喰っちゃ寝、喰っちゃ寝」していのかも(笑)。 いまは私達相手にやたら喋っています。

さて、明日の夜フランクフルトから成田へ飛びます。
今回は珍しくJALであります。

これから荷造りですが、いつも一番気をつけるのが「楽譜」。
アコーディオンの譜面は「忘れたからちょっと買ってくる」というわけにはいかず、とくに新作は絶対に忘れないよう、何度も何度もカバンをチェックします。それでも忘れることたまにあるから、やっぱりどこかが抜けているのでしょう、この頭・・・

厳寒から脱出!2010/02/21 00:20

とうきょうのそら・あおいそら(Foto:Mie Miki)

21日午後4時に成田に着きました。

日曜日だったので、
習志野に住む兄がむかえに来てくれました。

成田空港は都心から遠いのと、
自分はしょっちゅう帰国するため
(去年は5回)
出迎えなんてもう期待できないのですが、
たまーにそんな機会に恵まれ、
到着ロビーに誰かが待っていてくれて、
ガラスドアを出たときに
「あっ、・・・ちゃーん!」と呼べるのは、
すごーく嬉しい。
 
今回は
「あっ、おにいちゃ~ん!」でした。
兄は「みえちゃ~ん!」なんて
口が裂けても言いませんが、
ニコニコの笑顔でトランクに駆け寄り
私の手からそれをすぐ受け取ると
「駐車場までちょっとあるけど・・」と言い
早足ですぐ歩き出しました。
そのうしろ姿に兄の優しさを見て
長旅の疲れがいっぺんに癒されるようでした。

それにしても東京の空のなんと青いこと!

明るい陽射し2010/02/22 21:45

4丁目の晶子さん(Foto:Mie Miki)

日本は明るい!
気温も陽射しも
ドイツから比べたら春のよう。
こんなに明るいとサングラスが必要です。

まずは、楽譜とCDを買いに銀座へ。
ところで、母はショッピングが大好き。
山野楽器も一緒についてきて
ショップ内では可愛いグッズを
「プレゼント用にお願いします~」
なんて言いながら
たくさん買い込んでいました。

でもこんなもの一体
誰に差し上げるのかしら・・

池上英樹 メロディアス・マリンバ2010/02/24 11:35

忘却の風景(Foto:Mie Miki)

コンサートのお知らせです。

26日(金)浜離宮朝日ホールで、マリンバ奏者・池上英樹さんのリサイタルがあります。そこでゲストとして参加させていただきます。 先月「題名のない音楽会」収録で御一緒させていただいた時、その迫力と超絶技巧さらに美しい歌心に深く感動し、彼の音楽をもっともっと知りたいと思っていましたので、今回の共演がほんとうに楽しみであり、かつ緊張でもあります。

尚、チケットは僅かではありますが、まだあるそうですので是非ともお出掛けください。 アコーディオンとのデュオはピアソラ作曲「忘却」と「リベルタンゴ」です。 (アンコールも用意してありま~す)


池上英樹 メロディアス・マリンバ
http://www.crystalarts.jp/topics/topics.php?code=1260334854

池上英樹・メロディアス・マリンバ・京都編2010/02/24 12:49

自宅近くの木のベンチ(Foto:Mie Miki)
池上英樹さんのコンサート
翌日は京都でもあります。 
関西の方はどうぞこちらへ!
2月26日(土)17時
京都バロックザール
http://www.h4.dion.ne.jp/~ammh/event.html#ikegami
     *
マリンバの響きには、
木と草の香りがあると
私は思います。
そのイメージからこの写真を~