コンクールの準備2009/12/05 01:33

フィリップを教えるエフゲニ(Foto:Mie Miki)
 
2年前から教えているセルビア人のフィリップが、12月3日からスペイン・バスク地方の中都市アラサーテで行なわれている国際アコーディオンコンクールに参加しています。 彼は素晴らしい才能の持主で、今まで28年間教えた生徒のなかでも、間違いなくトップ・テンに入り、演奏は完璧にすごい!と私は思うのですが、しかし「コンクール」とは数人の審査員の判断で全てが決まってしまうという、実に特殊なイベントなので、参加する方はやはり不安であります。

コンクールといえば「一匹狼」で参加し、にもかかわらず数々の素晴らしい優勝経験を持つエフゲニ・ボジャノフ君が「最後の仕上げ」に一番良いアドバイスをしてくれるのではと、これは夫も私も同意見で、エフゲニに頼んでみたら、それは快く上機嫌で承諾してくれて、早速デュッセルドルフにやってきました。  

彼のレッスンは、猛烈なスピード感をもって音楽を、ピアノを、徹底的に詰め込んでゆき、さらに細部の完璧度を容赦なく要求する「さすが~!」と驚嘆するものでした。、それはそれはものすごいハイ・レベルで、こんなに教えることが上手とは思ってもみませんでしたらから、ビックリ仰天・感激の2時間でした。彼はやはり天才なのかも。

そしてレッスン後は御礼と御褒美にステーキを御馳走した御喜先生、4人で血の滴る特大ステーキを狼のように食べ終え、まあこれで「準備完了!」といたしました(笑)。

ちなみに、フィリップは7日のお昼、ファイナルで演奏します。

ビデオも重要な助っ人役2009/12/05 02:12

Evgeni&Filip in Camera (Foto:Mie Miki)

夫のシェンクはこのレッスンを全てヴィデオ録画していました。 小さなレンズのなかでも、エフゲニの迫力は燃えながら伝わってきます。

あおぞら2009/12/07 17:35

青空を見る(Foto:Mie Miki)
牡猫カーターくんに起こされて
しぶしぶ起きてきたら
何と外が明るいではありませんか。

あぁ、久しぶりに見る青空・・・

ところで・・2009/12/11 07:50

フォルクワング音大(Foto:Mie Miki)

ファイナルまで進んだフィリップ君ですが
上位3位には入れなくて残念・・・
でも明るい笑顔でスペインから帰ってきました。
そして今回のさまざまな経験から
次回の課題が具体的に把握できたようで
それはそれで大きな収穫でありました。

冬の気温2009/12/13 07:23

冬のラントグラーフ(Foto:Mie Miki)

やっと冬の気温になりました。
ず~っと暖冬だったので
0度の気温がものすごく寒く感じられます。
とくに駅のプラットホームに立っていると
5分が15分くらいの長さに思えました。
でも雨も風もやんで
静かな空気が新鮮です。

旅行用ピアノ椅子2009/12/14 18:55

Fazioliのピアノ椅子(Foto:Mie Miki)

重さ14㌔のアコーディオン演奏で
決定的に重要なものが
「椅子」であります。
私の場合は42cmが理想で、
ヤマハの背もたれ付きピアノ椅子と、
ドイツ製Thurnwald社のピアノ椅子が
今のところ最も弾きやすいのですが、
これらを運搬するのはなかなか大変。
アコーディオンの運搬だけでも
時には死にそうなるというのに、
椅子までは・・ということで、
今まで様々な苦労をしてきました。 

そんなある日・・
「イタリアのFazioli社が
旅行用ピアノ椅子を生産しているよ」と
BISレコードのハンスが教えてくれて、
早速その情報を検索してみると、
どうも私にピッタリらしい、
というわけで注文しました。
     
そして届きました。
     
椅子は組み立て式.で
左のバッグに収まります。
重さは3,5キロ。

軽い!

カバンのなかのピアノ椅子2009/12/14 19:13

組み立て式ピアノ椅子(Foto:Mie Miki)
4本の足は
椅子の裏側にスッポリおさまって、
ベルトを締めれば
ビクとも動きません。

高さは41,8cmがシリーズ版。
私はこの高さでバッチリですが、
もっと低いサイズを希望する人も
同じ価格で注文できます。

「低めに座りたいピアニストに
これぞ最高のプレゼント!」
と言いたいところですが、
お値段が740,- € と、
こちらもたいへん御立派。

さ・む・い・・・2009/12/15 07:21

ラントグラーフの冬(Foto:Mie Miki)
この氷点下への急変化
かなり強烈に響いてきます。
寒いと良く眠れる、なんて言いますが
たった5日間で20℃近くも気温が下がると
体はビックリ仰天して
緊急体制にでも入るのでしょうか、
1時に寝て4時に目が覚めました。

これから駅へ向かいますが
田舎の駅は待合室もなく人も少なく
ただひたすら寒いです・・・

でもモスクワの気温は現在-21℃とあり
それって一体どのような寒さなのか
想像もつきません・・

雪の足あと2009/12/19 17:14

雪の足跡(Foto:Mie Miki)

日一日と気温が下がって
今日は-15℃です。

久しぶり夫と一緒に隣村の市場へ。
お天気が素晴らしいので
家の中から見ていると暖かそうですが
-15℃はやはり強烈に寒い・・

クリスマス用に冷凍の海老を
かなり沢山買い込みました。
他に花、野菜、チーズなど
いろいろ見たかったけど
私達には15分が限界でした(笑)。

帰宅して庭へ暖炉の薪を取りに行ったら
こんな足跡がついていました。
カーター君より少し大きめだけど
誰がこんなところを歩くのだろうか。

眩しい朝日2009/12/19 18:30

冬の朝日(Foto:Mie Miki)

今朝ゴミを捨てに庭へ出たら
朝日があまりにも眩しくて
コンテナが見つかりませんでした。

なーんて書いたら大袈裟にきこえますが
雪景色に反射するサイドライトは
灰色の世界に馴染んでしまった
この大きな目には明るすぎて戸惑います。