今日の夜便で2009/10/04 01:07

とうふ屋 うかい(Foto:Mie Miki)

ドイツへ戻ります。
なんだかあっという間の日本滞在でした。

自分のコンサートは少なかったのですが
アンドレ・ワッツをはじめ
彼の奥様ジョーン、
夫のシェンク、そしてエフゲニと
それぞれ全く個性の違う4人が
ほとんど同時期に来日していたので
この4週間は充実していました。

そして大美食家ワッツ氏のお陰で
ずいぶん沢山の御馳走を食べました。
それらは血となり肉となり
さらに贅肉となり・・・
それが保存されたようです(笑)。

これからドイツ・オランダは寒くなり
減量する時期にむいていないけど
この贅肉はなんとかしなければ・・・
と思いつつ
今日も母の手料理を
思う存分食べてしまいました。

秋のラントグラーフへ2009/10/13 21:53

秋のラントグラーフ(Foto:Mie Miki)

4週間ぶりに戻ってきました。
そして
一週間はあっという間に経ってしまいました。

5日早朝にデュッセルドルフ到着。
6日アコーディオンを調律へ。
8日久しぶりに大学でレッスン、
エヴァ、ヘイディ、智美2を教える。
9日調律されたアコーディオンを受け取る。
10日4本のボルドーワイン飲み比べ。
11日レコーディングのための猛練習をスタート(?!)
12日夫がまたまた椎間板ヘルニアで激痛。

尚、夫の腰は相変わらず”激痛状態”。
二階からだと全てが遠いので
一階の居間に布団を敷いて
そこで「うん、うん」唸っていますが
牡猫カーター君は
この状態が大そう気に入ってしまって
一日中夫の布団の中で寛いでいます。

明日からレコーディング2009/10/17 17:02

BISの録音場所(Foto:Mie Miki)

明日の朝6時50分のフライトで
ストックホルムへ飛びます。
19日から4日間、レナ教会において
BISレーベルのレコーディングをいたします。
今回はヴィルトーゾ小品集で
バロックからピアソラまで約25曲を録音します。

尚、オランダもすでにマイナスの気温、
今頃のレナ教会はすでに厳寒が予想され
ホカロン、レッグウォーマー、シルクの下着など
「あったかいもの」を沢山荷物に入れました。

写真:レナ教会からみた墓地

録音終了2009/10/22 20:01

レナ教会と墓地(Foto:Mie Miki)
今回は小品ばかりでしたが
トータルで27曲もあったのと
ヴィルトーゾな難曲が半分を占めていたので
レコーディングに結局4日間かかりました。
尚、録音地は夢のように美しい場所なのですが
冬の到来を前に墓地では
落ち葉と草刈の作業が活発で
何度も「休憩」を強いられてしまいました。
そして、まわりがあまりにも静かなので
草刈機の音が爆音にきこえました。