風邪が去って、さて。2009/03/04 06:48

Stern Verlag (Foto:Mie Miki)
私は暇になると風邪をひく傾向にあります。
今回は夫が2月中旬からず~っと風邪をひいていて
とくにその咳がひどかったので
約30㎝高いところから降ってくる風邪菌を
よくここまで抵抗できたと感心していたら
「穴蔵屋」のあと急に気がゆるんだのか
ついに風邪でダウンしました。

私の風邪・治療法でベスト1は『睡眠』。
ただ今回は車の修理と車検があったので
だるい体でそんなこともしていましたが
時間があれば昼であろうと夕方であろうと
とにかく「寝る!」に徹しました。

尚、ベスト2は
母が去年薬局で買ってきてくれて
服用した瞬間「これは効く!」と感じた
『コルゲンコーワIB透明カプセル』。
風邪に効く薬はないと諦めていた私にって
これはかなり大きな驚きと希望の光でありました。

さて、
風邪が治ったら街に出かけたくなりました。
それでデュッセルドルフの本屋Stern Verlagへ。
ここはとても広く、明るく、静か。
品揃いは素晴らしく店員は賢く親切。
というわけで2時間近くここで寛がせていただきました。

帰国を前に2009/03/07 06:56

まついあやこさん(Foto:Mie Miki)

デュッセルドルフのヘアー・スタイリスト
まついあやこさんに「カラー&カット」してもらいました。
か・な・り・いい感じです!
ヘアーは相変わらずロングですが
前とサイドがとても可愛い感じで
ほんのりとメッシュも入り春色となりました。
うれしい~

尚、11日に帰国するのでその前になんとか・・・と思い
週明けに電話したのですが
彼女は人気者でご多忙スケジュールのうえ
今回はエフゲニ君もカットしてほしいというので
そういう「コブつき」ではすぐに取れませんでしたが
土曜日の11時から念願かなってOK!

ちなみに私の周辺
すでに10人が常連客となって
皆さんとてもきれいになってきました、うふ。

日曜の散歩道2009/03/08 23:20

湖のほとりで(Foto:Mie Miki)
今日も朝からビチャビチャ冷たい雨が降っていました。
なんとなく一日中寝ていたい気分で
朝食後なんとまた寝てしまいました。

すると昼過ぎになって急に雨が上がり
明るい太陽も顔を出し
まもなく雲ひとつない青空となり
「いつまでも寝てないで散歩でもしろ!」
と言われているような気がしました。

というわけで午後5時近くになって
近所へ散歩に出掛けました。
ずいぶん日も長くなりました。

ファンクラブ2009/03/09 23:34

メ~メ~(Foto:Mie Miki)
相手が誰であれ
このように喜んでもらえるのはとても嬉しい~。
たとえそのお目当てが「餌」であっても
メーメーと大きな声で目を剥きだしにして
夢中で寄ってくるこの動物たちが
わたしは大好きです。
そして下のほうでほとんど踏んずけられている
小さな茶太郎君がとくに可愛いなぁ~

帰国しました。2009/03/12 15:01

成田空港到着(Foto:Mie Miki)

11日午前10時50分にデュッセルドルフを経ち
パリ経由で12日午前9時16分、無事成田に着きました。
約8週間ぶりですが明るい光が目にまぶしく映りました。

さて、明後日コンサートをします。
3月14日(土)
19時開演@郷の音ホール(兵庫県三田市)
~旅する手風琴~
チケット料金:3000円
http://sanda-bunka.jp/event/details/090314.html

「郷の音ホール」はとても美しいホールとのことです。
お近くの方、いらしていただけたらとても嬉しく幸せです。
尚、先日マネージャーのayumixから
こんな↓メールがきました。
        *
三田にはものすごく有名なお菓子のお店があるのですが、ご興味ありますか? まるでお城のような広大な土地に、どーんと建っているそうなのですが、佐渡さんも大のお気に入りで、特にバームクーヘンやロールケーキなどは絶品とのこと。ホテルから結構近いところにあるのですが、もし興味おありでしたら15日にチェックしてから行ってみますか?ものすごい列で入れない可能性もあるのですが、カフェは比較的空いていたと壇さんから聞きました。
         *

お菓子とアコーディオンの三田市へ
皆様どうぞお越しください。

三田市のお菓子屋さん2009/03/13 22:50

パティシエ エス コヤマ
先回のブログでちょっとお話した
三田市のお菓子屋さんですが
なんだかとても有名なところだそうで・・・
HPを見ただけでもため息です。

【パティシエ エス コヤマ】
住所:三田市ゆりのき台5-32-1
電話:079-564-3192
営業時間:10時~18時
定休日:水曜日
HP:http://www.es-koyama.com/

郷の音からケーキへ2009/03/16 14:14

エス・コヤマのバウムクーヘン(Foto:Mie Miki)
三田市の「郷の音(小)ホール」は
350席くらいのこじんまりした美しい木の空間で
天井がとても高いので残響も長く
アコーディオンにはたいへんむいている
弾いていても気持ちの良いホールでした。

そして翌朝はいよいよエス・コヤマへ。
噂どおり駐車場へ入る車は1㎞ほどの長さ
ロールケーキを購入するハウスは100m近い人の行列。

でもホテルで受けたグッドアドバイスのおかげで
愛弓ちゃんと私はどこも待たずに次のプランで大成功。
タクシーで到着
→パン工房
→カフェ予約
→予約したバウムクーヘンの受取り
→マカロン
→ショコラ専門店
→カフェっで休憩
→佐渡裕さんとお電話!
尚、感動もこの順序でクレシェンドでした。

写真:バウムクーヘンとはドイツ語で「木のケーキ」という意味ですが、バウムクーヘンを作っている工程が、木の向こうに見えるの、というのも素晴らしい演出だと思いました。

ロールケーキ2009/03/16 15:05

ロールケーキ(Foto:Mie Miki)
ロールケーキを買うことはできませんでしたが
カフェでいただくことができました。
感想:「unglaublich fantastisch!」
はい、たいへん美味しいということです。

バニラアイスとチョコとミルクティーが付いて1200円。
このお値段もクオリティーを思うと信じられない。

ショコラ専門店2009/03/16 15:17

エス:コヤマのショコラ専門店(Foto:Mie Miki)
ここでは『奏』というお菓子を買いました。
作品解説欄に
「私が一番お薦めする・・・」とあったので
「この私とは小山さんですか?」と聞いたら
「そうです」と言われたので5個買いました。

どこかが違う・・・2009/03/17 01:01

コヤマ作品(Foto:Mie Miki)
これって、どこにでもあるようなケーキ。
人々から「おいしそ~!」と言われるケーキ。

このケーキは
シェフが24歳の時にあるコンテストに出品し
第一位を獲得した作品だそうです。

ところで、私達が音楽会をするとき
「誰でも知っている曲を弾いてください」と言われることしばしば。
演奏家なら大抵誰でもが経験済みと思うが
モチベーションがそれで上がることはまずない。

だからこの「ケーキ」を一口味わった瞬間
私はその味の複雑な層と
味色彩の豊かさかに敬服し
と同時にそこに堂々と置かれている
自信に満ちたシンプル性に感動した。

何が違うのか素人の私にはわからない。
でも確実に何かがちがうのだ。

誰でもが知っている名曲を
私もこのレベルで弾きたい・・・