シュニッツェル2008/08/21 23:02

シュニッツェル(Foto:Mie Miki)
豚のヒレ肉を薄切りにし
それをさらにたたいて薄ーくのばすと
ほとんど透明にちかいピンク色となります。
そのお肉に粉+卵+パン粉をつけて焼くと
いわゆるシュニッツェルという
トンカツのような一品が出来上がるのですが
この晩に招待されたお宅は
ご主人が料理に凝っていて
パン粉のかわりに
春雨とかパルメザンとか
またつけるソースをいろいろ考案して
Naturのバージョンにこれらをつけるとか
そんな楽しい「シュニッツェル遊び」が行われました。
尚、このお宅は台所がオープンなので
現場を見ながら、という楽しみもありました。

そのうち私もこれらをトライするつもりです。

コメント

_ なかにし ― 2008/08/23 19:09

シュニッツェル大好きです。
ヨーロッパではよく食べます。
旅行中に胃がもたれた時でも、シュニッツェルは
ペロリと食べられます。
トンカツに近いからでしょうか。
胃が素直に受け入れてくれます。

いろいろ工夫してみると色々楽しめそうですね。
自分も作ってみたくなりました。

_ みえ ― 2008/08/25 16:38

なかにしくんへ
シュニッツェルがお好きとは知りませんでした。
お肉がうすーいのがいいですよね。
いろいろな工夫ができるって知ってから
ますます好きになりました

_ ZEN ― 2008/08/26 18:51

香ばしくかりっと焼き上げた薄~いトンカツといっしょにお皿に乗っているポテトだかネギだかの付け合わせもいいですね
これなら一皿ペロリとたいらげちゃいそうです

_ みえ ― 2008/08/27 02:53

ZENさま
お肉がとても薄~いというのがポイントですね。
さっぱりしていて日本人の味覚にも合います。
フライドポテトもネギが入っていることで少々和風に感じました。 白ワインとの相性もばっちり。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック