床屋にて2008/08/01 01:15

静かな理髪店で(Foto:Mie Miki)
夫の理髪師はすでに30年近く同じ人。
「La Linea」という店名でアーヘンに開業する
イタリア人のアントニーノ・モルガノ氏が
その人です。

なお彼は人間関係があまり上手でないらしく
従業員は次々減ってゆき
現在ではなんと彼ひとりでやっていますが
客のほうも決まった常連ばかりらしく
いつ行ってもそこは風通しが良く
静かで明るい空間のなか
ハサミの音だけが細かく聞こえてきます。

夏の色2008/08/06 23:57

バルコニーの花
今夏は豪雨、雷、暴風などが多いのですが
その「おかげ」というか「影響」というか
あいだあいだに現れる好天気が
とりわけ爽やかで肌に気持ちよく
空気もまるでスイスの避暑地のようにおいしいです。
ですからそんな天気の日は
朝昼晩とバルコニーで食事をします。

空と雲2008/08/09 22:48

空と雲(Foto:Mie Miki)
毎日、毎日よく雨が降ります。
でもそのおかげで空気は澄んでいます。
晴れた瞬間にふと空を見上げたら
こんな雲がひろがっていました。
こんな生地が欲しいなぁと思いました。

短い夏2008/08/16 06:03

短い夏(Foto:Mie Miki)
この夏は雨降りの多い日々でしたが
近所の風景はすでに夏の終わりをつげています。

夕方の光に秋の訪れを感じるのでした。

風のおと2008/08/17 06:09

草と風と地平線(Foto:Mie Miki)
風の音にもいろいろありますが
この草原できく風の音が好きです。

帰国するまえに2008/08/19 22:44

クロスエアの練習(Foto:Mie Miki)
今日はデュッセルドルフの音大で
山猿+穴猿+しのをレッスンしました。

山猿&穴猿はすでにご存じの方も多いかと思いますが
http://mie-miki.asablo.jp/blog/2006/09/03/
私の可愛い弟子です。
明後日フランクフルトから日本へ飛びますが
今回のプログラムの中から
ピアソラの「鮫」と「ブエノスアイレスの夏」
そしてロイコ作曲の難曲
アコーディオンとピアノのための「タンゴ」を
リハーサルしました。

ひさしぶりのレッスンでしたが
3時間はあっという間に過ぎ汗もびっしょり、
実に楽しいリハーサルでした。
日本の本番まで
さらに「猛練習」に励むそうです!

尚、チラシにちょっと書かせていただいた文章を
ここに記載いたします。

               *

厳しく激しく暗闇に光を求めるデニソフ、グバイドゥーリナ、スクリャビンの作品はソロ、熱情とノスタルジー溢れるタンゴはアンサンブル、「クロス・エア 第3弾」のプログラムは聴く人々を“凍結する氷”から“燃える火”へと導くが如く構成された、実に意欲的な、ともすれば大人の音楽への挑戦と私は見る。
繊細な感受性、卓越した技術、対照的な個性、そしてこの一年間に蓄積された数多くの経験が、溢れる若さをエネルギー源としてクロスする瞬間、それは私達が今一番聴きたいと願う、まさに「生きた音楽」であろう。

                *


★CROSSAir 2008★

-TANGO CLASSIC-

2008年9月24日(水)19時~
めぐろパーシモンホール小ホール

★ゲスト: 國末 貞仁(Sax.)
富田 珠里(Pf.)
大田 智美(Acc.)

ただいまチケット発売中!!

CROSSAirオフィシャルホームページ
http://crossair.jp/

シュニッツェル2008/08/21 23:02

シュニッツェル(Foto:Mie Miki)
豚のヒレ肉を薄切りにし
それをさらにたたいて薄ーくのばすと
ほとんど透明にちかいピンク色となります。
そのお肉に粉+卵+パン粉をつけて焼くと
いわゆるシュニッツェルという
トンカツのような一品が出来上がるのですが
この晩に招待されたお宅は
ご主人が料理に凝っていて
パン粉のかわりに
春雨とかパルメザンとか
またつけるソースをいろいろ考案して
Naturのバージョンにこれらをつけるとか
そんな楽しい「シュニッツェル遊び」が行われました。
尚、このお宅は台所がオープンなので
現場を見ながら、という楽しみもありました。

そのうち私もこれらをトライするつもりです。

吉松隆 「オニオン・バレエ組曲 」 完成!2008/08/26 19:02

吉松隆・御喜美江・平井洋(前列) Foto:Ayumi
9月28日のアコーディオン・ワークスで世界初演される、吉松隆氏の新作:『オニオン・バレエ組曲 op.104』 が完成したというビッグニュースを、ちょっと前に知りました。 なんて可愛いタイトルでしょう! 
http://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/

現在私はかなり興奮のドキドキ状態ですが、まずは”タイトル”に魅せられています!  一分でもはやく譜面が届きますように~