ワニの午後5時半「退屈なり」2007/09/01 06:59

ワニの歯(Foto:Mie Miki)
このワニ君は全然動きません。
呼吸すらしていないみたい。
「退屈この上なし」と体中で表現しているのかしら?

でもちょっとこの歯を見てください、
す、す、すごい迫力です!
この歯を見た瞬間
こわ~~~

ガラス一枚が間になかったら
失神しそうな恐ろしさでした。

ブリンクホフ・ビール2007/09/02 19:08

Brinkhoff's (Foto:Mie Miki)
サッカーとビールで有名な町ドルトムント
デュッセルドルフから電車でたった一時間ですが
街の雰囲気も人々のキャラも全く違います。
そしてドルトムントのビールは
世界に誇るレベルを持っています。
いろいろありますが私が一番好きなのが
このBrinkhoff 's です。
瓶入りのみならず生もあちこちで飲めますが
(デュッセルドルフでも!)
なにがどう違うのか、
ドルトムントのこの店で飲むと
喉に酸素がパーッと広がるような快感をおぼえます。

写真:左0,4l 右0,3l

ローストビーフ2007/09/02 19:23

ローストビーフ(Foto:Mie Miki)
日本は全ての料理において
水準が抜群に高いので
ローストビーフだって
日本のほうが本当は美味しいんでしょうけど
Brinkhoff'sのビールを飲みながらいただく
このジューシーなローストビーフは
どなたにもお勧めできます。

居酒屋2007/09/03 04:49

居酒屋(Foto:Mie Miki)
こういう空間がドイツ暮らしですと
大好きになります。
巷では「居酒屋」と呼ばれます。

ふたたびヘルシンキへ2007/09/05 20:05

ヘルシンキ再び(Foto:Mie Miki)
2日間ヘルシンキへ行きます。
内容はシベリウス・アカデミーにおける
アコーディオン科の卒業試験です。

一ヶ月前は真夏の陽射しでしたが
9月に入ると途端に日が短くなり
気温もドカンと下がっているようです。
尚、蚤退治事件で冬物の衣類を出せなかったので
たった今、近くのデパートでセーターを一枚購入。
黒のトックリです。

ホテルの部屋から2007/09/06 23:24

天井の森とテレビ中継(Foto:Mie Miki)
シベリウス・アカデミーから徒歩5分
ホテル・ヘルカが今夜の宿泊地です。
今ベットに寝転んでテレビをつけましたが
天井に吊り下げられてある
この豪快な森風景に圧倒されています。

「眠れる森の美女」の夢でも見ましょうか。
おやすみなさい。

プルジミエヘンカトゥを探す2007/09/07 23:46

Pursimiehenkatu(Foto:Mie Miki)
帰りのフライトは夜9時半なので
今日こそ「カモメ食堂へ」行こう!

さて、まずは地図とにらめっこ。
住所はプルジミエヘンカトゥ12。
次はそこへ行く(であろう)市電を見つける。
そして乗る。

ヘルシンキを市電から見るのは楽しい。
港を左に美しい家並みや公園などを眺めていたら
なんとまた元に戻ってしまった。
これはどうも環状線だったらしい。
ということで逆方向に乗って4つ目で降りたら
やっとプルジミエヘンカトゥが見つかった。
やれやれ。

「カモメ食堂」 ライブ2007/09/07 23:50

かもめ食堂(Foto:Mie Miki)
「かもめ食堂」に着きました。
そして、今回は「営業中」。
やった~、うれしいー!

興奮しながら入る私に
待ち受けていたのは
実にのどかな大衆食堂でした。

おふくろの味2007/09/07 23:55

サーモンステーキ(Foto:Mie MIki)
これは想像ですが
ここのお料理は、スオミにおける
「おふくろの味」ではないでしょうか。

メインディッシュはもちろん大切ですが
外食するときに何故か私は
「付け合せ」にこだわります。
で、、この”ジャガイモ”はmolto最高でした。

尚、この写真にあるサーモンステーキには
サラダ、パン、デザート食べ放題
紅茶、コーヒー、水、飲み放題
が含まれています。
お値段は8,50€。

ヘルシンキ空港の夕日2007/09/07 23:59

ヘルシンキ空港の夕日(Foto:Mie Miki)
帰りはFinnairの高速バスに乗れました。
ですのでたった25分で到着しました。
これは待合ロビーから見た夜8時半の空です。
ずんぶんと日が短くなりました。
空気もすっかり秋の香りがします。

さようならヘルシンキ!